ブライアン デ パルマ映画


TSUTAYAさんの良品発掘コーナーにて発見。デ・パルマ好きの自分としては、ぜひ見ねばと、即レンタルしてみました。「キャ...1今日から俺は!

デ・パルマが「キャリー」の前に監督していた映画でしたが、なかなか日本公開のめどが立たず、「キャリー」がヒットしたことによって製作から2年後にやっと日本でも公開されました。 『キャリー』(原題: Carrie )は、1976年に公開されたアメリカ合衆国のホラー映画。スティーヴン・キングの同名小説を映画化した作品。 製作・監督はブライアン・デ・パルマ。. JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 ブライアン・デ・パルマ「愛のメモリー」がおすすめの理由. 1WAR ウォー!! 『フューリー』(原題: The Fury)は、1978年制作のアメリカ合衆国のSF・スリラー映画。ブライアン・デ・パルマ監督。カーク・ダグラス主演。原作はジョン・ファリスによる同名の小説。 エンドロールは最後まで 2グレース・オブ・ゴッド 告発の時 !劇場版 デ・パルマ(2015)の映画情報。評価レビュー 23件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ブライアン・デ・パルマ。 3もののけ姫
2千と千尋の神隠し
(7月20日付)アツイな、この正義感 (7月19日付観客動員) 「Yahoo!映画」はYahoo! 3悪人伝 日本でも多くの熱狂的なファンを持つ、その映像センスに独特の美学を持った映画監督です。代表作の「キャリー」をはじめ、ホラーやスリラータッチの作品でその個性を発揮しますが、逆に大作になるとその味が薄れてしまうこともあります。それでも、新作を今も待ち焦がれている監督の1人です!  デ・パルマが大ヒット作「キャリー」に続いて監督した作品で、大ヒット作の後だけに注目されましたが、ラストの衝撃が話題になった「キャリー」に続き、こちらの予想の斜め上を行くようなトンデモないラストシーンがまたまた話題を集めました。この、少女の怒り(=フューリー、「激怒」の意味)によって人体がバラバラに吹っ飛ぶという前代未聞のラストシーンは、その後の「超能力少女」がヒロインとなる物語に於いて、デフォルトになったのではないかと思うくらいの絶大なインパクトでした。そしてまた、超能力を持ってしまったために苦悩することになる、通常の人生が送れなくなるという、特異な能力を持って生まれた者の悲しき運命という描き方も本作が「本家」であり、その後の超能力者を主人公にした映画や小説などで取り上げられるテーマになったと言えます。「目から血の涙を流す」シーンの怖さなども印象的ですし、「キャリー」ほどメジャーではありませんが、超能力もの映画の代表作と言えるでしょう。  デ・パルマが「キャリー」の前に監督していた映画でしたが、なかなか日本公開のめどが立たず、「キャリー」がヒットしたことによって製作から2年後にやっと日本でも公開されました。「オブセッション(強迫観念)」という原題が「愛のメモリー」というロマンチック過多な?タイトルに変わってしまったことはやや残念ではありますが、それでもこの映画を初めて見た時の鮮烈な思い出はいささかも衰えません。ヒッチコックタッチ、というかヒッチコックのパクリとも言われたりしますが、過去の回想がそのまま現代に移り変わるイメージなど、見ていて「はっ」とさせる映像は、さすがデ・パルマと思わせてくれます。そしてやはり、この映画を語る上では外せない、印象的なラストシーン。主役二人の周りを、回転木馬のごとくくるくると回り続けるカメラは、この時間がいつまでも永遠に続いて欲しいと思わせるくらいの美しさに満ち溢れています。ヒロインにして「2役」を演じた、ジェヌヴィエーヴ・ビジョルドの美しさも必見です!  デ・パルマがアル・パチーノを主演にしてマフィアの一代記を描いた作品ですが、この破天荒なまでのエネルギッシュさは一体どうしたことだろう?と思えるくらいの、パワフルかつエキサイティングな一作です。パチーノが全編に渡って吐きまくるスラングの数々(ありとあらゆる単語に「FUCK!」という言葉をつけずに喋れないのかと思うくらいに)、前半の衝撃的な拷問シーン(実は腕を実際に切断するシーンは描かれておらず、なのに観客が「腕を切るシーンがあった」と思い込んでしまうほどのインパクト)、そしてクライマックス、追い詰められたトニー・モンタナの大絶叫&大乱射。この映画もまた、一部で熱狂的ファンがいるというのも頷ける、とてつもないインパクトを持った映画です。その後「プラトーン」でアカデミー賞に輝く、オリバー・ストーンが脚本を手がけているというのも、この映画を他を寄せ付けない圧倒的な迫力に満ちた映画にしているポイントかと思います。  デ・パルマの出世作にして、大ヒット作です。ラストシーンの衝撃は、未だに目に焼きついています。ホラー映画やスラッシャー映画で、ラストに観客をあっと言わせる「脅かし」を入れるというのは、この映画から本格的に広まったのではないかと思います。しかし、ラストシーンの衝撃だけがこの映画のウリではなく、実は一級の青春ドラマにもなっているのです。ヒロイン・キャリーが学校で受ける「いじめ」、そして家庭内での問題など、21世紀の現代にも充分に通じるポイントではないんでしょうか。また、ヒロインのシシー・スペイセクはじめ、本作に出演した当時はまだ無名でしたが、その後に映画界で活躍することになる、若手スターを多数輩出した映画でもあります。ジョン・トラボルタ、ナンシー・アレン、ウィリアム・カット、エイミー・アービングなどなど。この映画をきっかけとして注目を浴びた若手がどれほどいたことか。それだけ監督のデ・パルマの目が確かだったという証明でもあると思います。  劇場公開時は全くヒットしませんでしたが、映画評論家の町山智浩さん始め、一部の熱狂的ファンは映画館に何度も足を運んだという伝説が残っている、多くの「デ・パルマ信者」を生み出した、今や伝説と化したとも言える映画です。それまで映画界でもあまりなかった「ロック・ミュージカル」という体裁を取り、デ・パルマ特有の画面が複数に分かれるスプリット・スクリーンや、登場人物の悲劇の顔を追い続ける容赦ないカメラワークなど、今見てもその斬新さは少しも色褪せていないと感じます。「悪魔役」で出演もしているポール・ウィリアムスが提供した楽曲の数々が素晴らしいことも間違いないですが、やはりデ・パルマならではのアクが強くそれでいて華麗な映像美が、この映画を他のどんな映画とも異なるものにしている理由だと言えるでしょう。「ロッキー・ホラー・ショー」と並べて語られることも多いですが、こちらももちろん名作の「ロッキ~」とはまた違った、「特殊な名作」であると思います。

Tbs 報道特集 見逃し配信, 自動車 税 霊柩車, 心絵 オフ ボーカル, 鬼 滅 の刃グッズ 店舗, 欅坂46 いじめ 5ch, 木村 多 江 青山学院, コンフィデンスマン 8話 感想, MONSTERS ドラマ 打ち切り, 両国国技館 ライブ 列, 井口理 岡村 白日, 薬物 芸能人 二世, 笑って いいとも イタズラ電話, 小山慶一郎 手話 何 級, 大切なもの 合唱 中学生, ニッポン ノワール 視聴率 最終回, 輪島 朝市 問題, 何者 映画 相関図, ランニング 鉄分 サプリ, 割り 返し 量, 植物図鑑 ベッド シーン 画像, デスノート コラ 最終回, RCC アナウンサー 渕上, 幕 尻優勝 とは, リアルプレイヤー ユーチューブ ダウンロード, 日向坂 カラコン メンバー, NHK お天気 キャスター 男性, 井上貴博 血液 型, レミゼラブル 歌詞 和訳, こと か また に 十両, 米国株 チャート サイト, 北村一輝 再婚 元モデル, 有 村 架 純 微熱, スペック 映画 ひどい, 東急 百貨店 渋谷川, お父さんと呼ばせて 最終回 ネタバレ, 暖 慢 対義語, 博多 華 丸 大吉 タイタニック, 三國 無双 李信, ガチャガチャ おもちゃ バンダイ,

0 comments

    Welcome

    Hey there Moms. If you found yourself here looking for some encouragement, I hope you find it. If you came looking for some beautiful images of families, I hope you find that too. If you wanna chat - about anything...and I mean anything. I am an open book. Drop me a line. If you want me to hang out with your family and capture the connections you share - let's get it on the calendar. Thank you for being here. Sending love, strength and patience to all you hard working mamas!

    follow us @loveinthechaos

    (937) 361-4805| loveinthechaos@gmail.com

    Located in Columbus, Ohio